増改築

リフォーム増改築

マイホーム、増改築、ご自身で設計してみませんか?

設計(間取り作成)はどなたでも簡単に出来ます!
気軽に挑戦して、あなたとご家族だけの理想の住まいを想像してみましょう!

増改築

まず、なにを目的に増改築されるのかを明確にすることです。 部屋が足りないのか、空き部屋はあるが使い勝手が悪い、 水廻り設備の老朽化、床等のふらつき等確認しましょう。 増築等では法的規制があり必要とする面積を確保できない、 既設部分に法的規制が及ぶこともあります。 例えば既設部分外壁を防火仕様にするとか、役所の建築課、 都市計画課などで指導してくれます。

では具体的に間取りを考えてみましょう。 現状の間取りを考慮しつつ、柱の位置、耐力壁の位置、 2階の載っている位置など図面で確認です、特に主になる柱 (一階から二階まで通っている、図面で柱に○印が付いてます) は移動できません。ハウスメーカーの耐力壁と記載されてる壁も 移動できませんから注意が必要ですが、先ずは気にせずプランしてみましょう。 補強等で対処できる場合もあります。

二階建てを平屋に改装することも可能ですから、お気軽にご相談下さい。
新築、増改築予定されてます方、方眼紙と鉛筆で気軽に挑戦してみて下さい

  • 画像
  • 画像

訪問販売による悪質な工事補修実例

屋根補修工事にて、下地にビスが届かず棟瓦(屋根の一番上に置かれる瓦)が単に置かれた同然の状態写真参照ください
現状と当社にて新たに改修工事中の写真です

  • 画像
  • 画像